予防歯科Prevention

対処療法から予防療法へ

対処療法から予防療法へ

従来の歯科処置は、虫歯にならない為の予防療法よりも虫歯になってからの対処療法(削って詰める、被せる等)が中心となる傾向にありました。その結果、一度処置したはずの歯がまた虫歯になってしまったり、せっかく高価な材料で修復したにも関わらず歯周病になって抜け落ちてしまった、という経験をもつ方も多いと思います。

予防療法は病気の原因の排除なのです。虫歯、歯周病等、その病気の原因を唾液の検査や虫歯菌の検査を行う事で明らかにし、具体的に処置法を決定しています。
当医院では、従来の歯科処置で行われてきた歯を削るなどの対処療法のみを行うのではなく、どうして虫歯や歯周病になってしまったのかを調べ、それに対する予防療法にも力を入れております。

予防療法

正しいブラッシング

虫歯や歯周病の原因は歯と歯茎の間に溜まる歯垢(プラーク)と歯石に繁殖するバイ菌が原因です。
このプラークをブラッシングなどで除去することをプラークコントロールといい、テレビや雑誌などで紹介されることもあるため、ご存知の方も多いと思います。
しかしただブラッシングさえしていればプラークコントロールがされていると思い込み、知らず知らずのうちにブラッシングがされていなかったところから虫歯や歯周病が進行してしまうことが多々見られます。

そうならないよう当院では患者さんの歯に合わせたブラッシングの指導を致します。
指導を受けていただければ日常からの無駄のないブラッシングができるためより正しいプラークコントロールが可能です。

フッ素

フッ素

フッ素は人の体はもちろん、地球上のありとあらゆる物に存在している物質です。
フッ素は歯に塗布する事によって、歯質を強化して虫歯になりにくくする働きがあります。

又、歯の再石灰化を促進したり、虫歯の原因となる酸の生成を抑制する効果もあります。

レーザー照射

レーザー照射

レーザーは歯ぐきなどの腫れを抑え、歯周病を処置し、傷の治りを早くする効果があります。

又、虫歯になってしまった歯には必要最低限の除去処置が可能なほか、虫歯予防効果、歯を白くする等の特別な処置にも使われます。
レーザーの光のエネルギーが熱エネルギーに変わり、生体の表面に作用しますので、周りの組織への影響はほとんどありません。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

一般にプラークコントロールとは歯や歯茎に付着したプラーク(歯垢)を抑制、除去することをいいます。 プラークには歯周病の進行だけでなく口臭の原因になったり虫歯菌の増殖にも深く関わっておりますのでプラークコントロールは歯を守るうえで大変重要な事なのです。 また、逆を言えばしっかりとしたプラーク コントロールさえ続けていればご家庭でも十分な歯周病予防が可能なのです。

ご家庭でのライフスタイル

当院では、患者さんの歯並び・磨き癖などを把握したうえで、患者さんに合わせた正しい歯磨き方法を指導しております。 まずはご家庭で日々実践していただき、正しいプラークコントロールを継続していくことが大切です。また、不規則な食事回数を避け、間食の摂り方にも注意し、十分な睡眠を心がけましょう。 健康な口腔内を末永く継続していくために、患者さんのライフスタイルに合わせた口腔ケアをアドバイスさせていただきます。

PMTC

毎日きちんとお手入れをしていても、どうしても行き届かない場所、汚れがたまりやすい部分はできてしまいます。虫歯や歯周病は特定の細菌によって引き起こされており、歯石、歯垢となって歯ぐきの隙間に溜まっていきます。これらはバイオフィルムという形態になるのですが、
バイオフィルムは歯ブラシでは落ちないのです。これを専用の機械によってきれいにしていく方法がPMTCと呼ばれる処置です。
処置は主にトレーニングを積んだ歯科衛生士によって行われます。よって、細部の汚れもきれいに落とす事ができます。一般のマウスクリーニングとは異なり時間をかけて丁寧に歯面清掃を行っていきます。

PMTCの流れ

step1
歯垢の染めだし

歯に付着した歯垢を赤く染めだすことができる薬剤を歯全体に塗布し、患者さんが日頃どの部分を磨き残しているのか、丁寧にチェックしていきます。

歯垢の染めだし
flow
step2
歯のクリーニング・研磨

まずは赤く染めだされた部分を中心に、スケーラーを使って歯石を除去していきます。 その後、研磨ペーストを塗布し、歯に付着した「バイオフィルム(細菌の膜)」や「着色」を専用の器具を用いて取りのぞいていきます。 歯の表面をツルツルに磨きあげ、歯垢を付きにくくしていきます。

歯のクリーニング・研磨
flow
step3
フッ素塗布

仕上げにフッ素を塗布します。汚れのない状態でフッ素を塗布することで、虫歯予防への効果がより高まります。

フッ素塗布

フォローアップ

定期検診を行う事で、虫歯菌、歯周病、咬合状態、顎関節などをチェックし、病気の早期発見、予防につとめます。
常に歯の状態をチェックする事で、医師と患者さんとの間で信頼関係が生まれます。

ページトップへ戻る