レーザートリートメントLaser Treatment

レーザートリートメントとは

レーザートリートメントとは、光のエネルギーを生体の表面で熱に変え、悪い所を除去する方法です。
レーザーは、とても強いエネルギーをもつ光。太陽の光や懐中電灯、照明器具などの光とは違って拡散しないので、エネルギーを一点に集中させることができます。
又、エネルギーの約90%が水分に吸収されるので、 生体組織での吸収率が非常に高く、組織表面でほとんど吸収されてしまうので、人体への影響がほとんどありません。

歯や歯ぐきの病気(歯周病)、口内炎などをあまり痛みを感じることなく処置する事が可能なため、ほとんどの場合麻酔が不要で、出血が少なく処置時間が短いのが特徴です。
当医院では、患者さんの症状に合わせて4種のレーザー処置を行っております。

【炭酸ガスレーザー】
もっとも一般的な二酸化炭素(CO2)によるレーザーで、波長を変えることによりいろいろな処置に対応できます。
【YAGレーザー】
熱量を抑えて処置を行なう箇所にのみ作用させることができるので痛みが少なく治癒が早くなります。
【コールドレーザー】
熱を発生させず、生体に刺激を与えて細胞や組織を活性化させて自然治癒力を高める効果があります。
【ウォーターレーザー】
痛みや腫れを伴わないので麻酔が必要ないうえ殺菌剤も不要になります。患者様への負担も少なく早期治癒も見込めます。


※レーザー処置は保険診療対象外となります。

レーザートリートメント

  • 高い殺菌効果があるだけでなく、歯肉切開や抜歯時の止血作用、傷の自然治癒力を促進させる作用などがあり、身体への負担を軽減できます。
  • 副作用がなく、安全な処置が可能なため、妊娠中の方や血液疾患の方でも処置を行なうことができます。
  • ドリルによるキィーンとした不快な音や、身体に感じるガリガリといった振動がない。
  • 歯の表面を硬化させる効果がありますので、歯質強化や虫歯予防に役立てることができます。
ページトップへ戻る