自費診療についてPrice

自費診療について

自費診療について

自費診療とは、保険診療の限られた材料、技術では対処する事ができない重症例に対応する処置とお考えになって結構です。

私は軽症例は保険診療、重症例は自費診療と考えます。国という媒介体を取り除き、患者さんと歯科医院との責任のもとで交わされた契約、これが自費診療の真髄です。そして重症例であるがゆえ、当然リスク係数もアップするのでフォローアップ、保障期間の説明を十分理解され実行すべきものです。

保険診療との違いは保険で定められていない材料や処置を行う事です。通常の保険診療と比較してより審美性や機能性を優先した診療となります。技術力も当然加味されますし、各医院によって自費の価格設定は異なります。地域格差があるのも確かです。ですから、できの良し悪しや料金・期間など保険診療と比較してどのように変わるのか等、事前に担当医に相談する事が大切です。

確かに保険診療と比べると、自費診療は高いと感じるかもしれません。
実際、診療費にかなりの差があるのは事実であり、デメリットに見えるかと思います。
しかし保険診療範囲での限られた材料だけでは、歯の美観を保ったり、安定した状態を持続する事ができません。
自費診療では歯の品質、美観をそれぞれ患者さんに合わせて、提供する事が可能なのです。

ページトップへ戻る